外壁塗装で快適な環境〜危険なアスベストを避けてカイテキLIFE〜

3人の男性

快適な環境を実現する

ペンキ

除去工事にかかる相場

アスベスト(石綿)は、塵肺や肺線維症、肺がんなどの健康被害を訴える人が多く人体への影響が深刻となりアスベスト製品はほぼ全廃されました。そんな中で古い建物などには現在でもアスベストが残っている場合があります。断熱材や絶縁材として用いられていたためであり、アスベストを含む建物を解体する場合にはきちんと除去しなくてはならないです。外壁塗装などの作業を行なう前に専門業者にきちんと安全に除去してもらう必要があるのですが、除去にかかる費用はどの部分にアスベストがどれぐらいの量使われているのかにより異なります。屋根瓦の場合には2階建て30坪程度で20万円程度、外壁の場合には2階建ての30坪で30万円から40万円となっています。断熱材などに利用されて内壁に取り込まれているものを除去する場合には1平方メートルあたり1万円から6万円、天井や柱に吹き付けられているものでしたら1平方メートル当たり1万5千円から8万5千円ほどです。面積や形状によりこれよりも高くなることもあります。

アスベストにはどのような特徴があるのか

先ほども述べましたが、外壁塗装に使われるアスベストには重大な健康被害を引き起こすことがあるために現在ほとんど使用された製品はないです。以前は安価で手に入れやすい材料であったために建築資材以外にも家庭用品や電気製品、自動車などさまざまな製品に取り入れられていました。アスベストは繊維が非常に細かく、浮遊しやすく、吸入されやすいという特徴があるため吸い込んだことで起こる健康被害が大きな問題となりました。ほとんどが建築資材として使われており、昭和31年から昭和50年のはじめまで使用されていました。そのために古い建物になりますとアスベストを使用している可能性があり、早急に対処する必要があります。除去を行う場合には飛散し周囲に影響を与えないように注意が必要で、外気と隔離して工事を行うようになっています。

危険を避ける

笑顔の男性

何気なく過ごしていた住宅などには、危険が潜んでいる場合があります。建築材として有効的に使用されていアスベストが現代では人間にとって有害だと認知されるようになっています。

View Detail

危険なアスベスト

男性作業員

一昔前の、高度経済成長期に建築材として広く活用されてきたアスベストは現在有害なものとして問題紙視されています。アスベストにより被害を避けるためにも早期に除去を行っていきましょう。

View Detail

防犯対策

エクステリア

インターホンを交換する場合は、多くの機能が付いているものを選びましょう。最近では誰が来たかを把握できるモニター付きなので、安心して家の中に入れることが出来ます。また室内で通話ができるものもあります。

View Detail